きみにしか聞こえない音

■Hippocampusの最新情報■

会津と東京で撮影したミステリーな映画を中野で見て、
映画の話とかロケの話とかしながらその後飲みに行きませんか?
私が8月に参加した映画です。今までにないほど日焼けして大変だった思い出があります。

Hippocampus 映画#2「サウンド」
2010年10月28日(木) 19:30上映開始
@なかのZERO 視聴覚ホール
入場料 1,000円
http://hippoc.org/

チケットはこちら⇒tatsunoko.info☆gmail.com
☆を@に変えてお送りください。
※お名前(フリガナ)、ご連絡先のご記入をお願いいたします。
お申し込みメールに、キーワード「校庭」と書いて頂いた方へささやかなプレゼントをご用意いたします。

(出演)
中泉 裕矢
佐糖 勇樹
菊地 奈緒
佐々木 いつか
青木 十三雄
浅野 知子
春謡 漁介
月川 修
菅谷 和美
根本 功一
荻沼 恵

(脚本・編集・監督)
笹木 彰人

<Story>
『一樹』は仕事もせず彼女との関係もうまくいかずでウダツがあがらない生活を送っている。

そして世間の連中が(日々同じ事を繰り返して生きている事)(誰も自分に影響を与える事がない事)に冷めた視線を送りつつも、どこか諦めてしまっているフシがあり怠惰な生活から抜けれないでいる。

そんな時、街から聞こえてくる様々な音に耳を傾けると不思議と落ち着く事に気づく一樹。

そんな一樹に高校の同窓会の手紙が舞い込んでくる。
この手紙をキッカケに一樹はある事件に巻き込まれてしまうのだが、
その果てに聞く音とは一体…?

b0009821_16202748.jpg
[PR]
by zabakaraqujila | 2010-10-12 15:53 | 【演劇】芝居夜話

と思うのです。
秋が始まってるので。

西へ行きたいなぁ。

残念ながら、近々撮影があるので遠出は出来そうにないです。
そうだ。
衣替えして奥にしまった夏服で、
今度の撮影に使う服があったんだ。
もう一度出さなきゃ。日曜日、夏1日限定で復活です。早稲田の某所のみで。

今週は韓国の演劇、太宰治の作品、やわらかいSFを観劇しました。
秋ゆえか日々観劇というのも文化人過ぎるかと思います、私の場合。

日中少し散歩するというのが、近々の私の目標です。

それから12月の客演が決まりました。
ムシラセ第5回公演「甘神」2010.12/01(水) -05(日)@サンモールスタジオ
どうぞお楽しみに。
b0009821_17561428.jpg
[PR]
by zabakaraqujila | 2010-10-08 18:00 | 【日常】のらな時間割

舞台の写真です。
薄暗いですよね。
素敵なゲストハウスでしたー。泊まりに行きたいわっ!
b0009821_17444267.jpg
b0009821_1750213.jpg


アップの時、舞台を横から撮影してみました。でもブレた。
お芝居始まる時は、お酒の缶が舞台上のごろごろあって、賑やかでした!
b0009821_1750374.jpg


並んで撮影。おぎさん、ちかちゃん、あかねちゃん、せっちゃん。
あ、左端に読書に夢中ななかいずみんが写ってます。
b0009821_17504967.jpg

[PR]
by zabakaraqujila | 2010-10-04 18:05 | ガラス玉遊戯

昼夜稽古 スタジオを借りて稽古の時。集中してる山口さん。
b0009821_17304620.jpg


上記スタジオ近くの蕎麦屋にて。稽古・本番中に蕎麦が食べたくて仕方ない時があります。
すかさず蕎麦屋のカレーを食べる人も。
b0009821_1731682.jpg


坦々麺をみんなで堪能!日焼けが素敵な2人が揃うと旅行気分満載です。
四川麺条 香氣
b0009821_17312130.jpg


唯一ガラス玉遊戯主宰を撮影、ですが真後ろからでした。残念。
b0009821_17313464.jpg


本番中の飲み会にて。制作はっとりさんと友達のもりこ。この居酒屋は何度もお世話になりました。
b0009821_1731447.jpg


舞台上にベットがあるので、気がつくと誰かが寝転んでました。
せっちゃん、ともちゃん、ちかちゃん。
b0009821_17315874.jpg


血液型の本でみんなもりあがりました。あかねちゃんです。
b0009821_17321037.jpg

[PR]
by zabakaraqujila | 2010-10-04 17:32 | ガラス玉遊戯

10月に突入しました!
すっかり秋な気候になってきましたね。

ガラス玉遊戯「サマータイム、グッドバイ」
無事公演終了しました。

大人が中心の夏の終わりの物語でした。

南の土地の芝居は初めてでした。
私自身は神戸までしか行ったことなのです。
しかも観劇がメインで。
ちょっと余暇の幅が狭いなぁと実感してます。

私は物語を描く作品が好きなので、
ガラス玉遊戯はこれから見守りたい劇団の1つです。

さあさあ、夏は去りぬ!
秋来れども。

秋・冬に向かって、Start!です。
b0009821_16571677.jpg
[PR]
by zabakaraqujila | 2010-10-04 12:50 | ガラス玉遊戯