梅雨はどこへ行った。

暑い夜が続いてる。
今週は、寒かったり暑かったりとめまぐるしい。

寝るまでに結構時間がかかってる。
寝つきが悪くなったのか、部屋をまっくらにしてごろごろ寝転がっても眠気がこない。
なぜなら会社終わってから帰宅途中が眠気のピークになってるからだ。
深夜過ぎてから布団に入っても、サッカーが始まるくらいにうとうとが始まるのだ。

眠気を振り払うように、帰宅したらビール。
ランダムに流れっぱなしのテレビからのニュース。
風呂に入ってすっきり・・・すると眠気がすっ飛ぶ。

一発必殺の逆転の思考。

今日は、帰宅後速攻風呂に入った。
今ゆであがってる状態。ふらふら。

寝るまでには熱もさめて、これで明日の睡眠不足が解消されることを切に願う。
[PR]
by zabakaraqujila | 2005-06-23 23:00 | 【日常】のらな時間割

月曜でへばへばってる。
日曜の芝居関係と、夜の飲み会参加が体に負荷かけてんだな、これが。
毎週毎週。
月曜の体が、こう、重い。

帰宅後、珍しく作ったことのないレシピにチャレンジし。
芋チヂミ。
いつも作ってるスープカレーも作って食べたら。

体が動きたくないと反抗してきた。
せっかく何も用事がなくて、直帰してご飯をつくってとここまでとんとん拍子に運んできたのに。
あれもこれもやりたい事があったのに。

あー、布団を出してきたところで、動かなくなって。
テレビで月曜サスペンスも過ぎた。
テレビ東京のワールドビジネスサテライトも過ぎた。
きらきらアフロが始まってきた。

ので、今日はもう寝る。
欲張りだけど、睡魔には勝てんね。反省する。
あ、さらっとシャワーを浴びてビールは飲んだっす。
おやすみなさい。
[PR]
by zabakaraqujila | 2005-06-14 00:40 | 【日常】のらな時間割

映画を見る。

役作りの準備のために、ビデオを借りる。
本命「OUT」と。
本命がちょっと違った場合のために、「教祖誕生」と。
個人的にセンスを磨くために「一人ごっつ」を。

いまさらか。でも見てみたかったらさ「ひとりごっつ」は。

実は落ち着いて映画を見るってのが苦手な私。
ビデオだとついつい、何かをしながらとか考えながらとか、見てしまう。
手持ち無沙汰になると困ってしまう。
そうならない映画もあるんだけどもさ。
だから、集中して見たい時は映画館に行って見る。しかない。
困ったものだ。

見なきゃ始まらない。
見るだけじゃ意味がない。

さて。「OUT」をやっと見終わったので、寝よう。
今回やってみたいイメージの登場人物が、ちょうど出てきた。
明日何度も繰り返して、この登場人物になりきれるよう、考えやってみよう。
どんな役のイメージだったかは・・・。後日お楽しみ。
2本の映画の共通項はってなことで。
[PR]
by zabakaraqujila | 2005-06-11 04:34 | 【演劇】芝居夜話

「偽装/辻褄」

今日は会社帰りにさくっと芝居を見てきた。
前回、チラシと芝居のタイトル「美しい人妻」に惹かれて、ふらっと観に行った劇団。
ブラジル。さくっとはまりましたよ。
次の公演、ずっとずっと楽しみにしてて。

今回の芝居のタイトルは、「偽装/辻褄」
二作品、それぞれ3つの二人芝居で構成された作品。
二人芝居、最近やってみたいなぁなんて思ってたんで、どんぴしゃ興味深々なゾーン。

私が今夜観たのは「辻褄」の話。
微妙なおかしさ、こわさ、生な部分が間近で見ることができてよかった。
また二人芝居だから、話の最初から最後まで二人で占められた空間を覗いてる感じが面白くてね。
大好きな世界っすね。
来週月曜までやってるんで、興味がある方はオススメです。
美しい女優さんも出演してて。個人的に好みだわー。
[PR]
by zabakaraqujila | 2005-06-03 00:39 | 【演劇】芝居夜話

ミリオンダラーベイビー

珍しく、公開してすぐの映画を観た。

CMで気になって。
演技のレッスン生の方が観てきて「ガツンと来た」と感想を熱く語っていたのが気になって。
色んなことが重なって、息苦しくなっていたのでガツンとした感情を味わいたいと思って。
ので、観た。

映画の時間までの、待ち時間は久しぶりにコーヒーをゆっくり飲みながら楽しんだ。
いつもモカを頼む。好きな小説の登場人物の好みを真似ていたら、いつの間にか自分の好みになってた。
先週は映画のワークショップに参加したり、ワークショップの課題を覚えたり、講師となる監督の映画を見たりと、タスクに急き立てられてたのでこんな時間がとれなかったのだ。
豪華な時間の味わい方だ、待つのを楽しむって。

映画は、こう想像していた話とは違ってた。
「ガツン」じゃなくて、じわじわっと効いてくるような。肌を爪でひっかくような。
そんな痛みのある映画だった。
ヒラリー・スワンク演じるマギーの貪欲な笑顔が素敵だ、笑顔が。
彼女の夢の追いかけ方がすっごく共感できた。
クリント・イーストウッド演じる初老のボクシングジムの経営者兼トレナーのフランキーと、モーガン・フリーマン演じる、元ボクサーで23年来の付き合いとなるジムの雑用係のスクラップの関係の味わい深さが羨ましかったり。
ボクシングやってみたくなりましたよ。ああ、流されてるなぁ。

先にこの映画を観た友達に速攻で感想をメールした。
「マギーの前のめりに倒れこむような生き方を見習うよっ!!!」
返信はこうだった。
「あんたの場合は、フランキーがいってた"常に自分を守れ"の方を見習えっ。二日酔いでへたれてる場合じゃないじゃん」
その通り。
まずは酒に飲まれないよう、対策考えるって。
b0009821_27568.jpg
[PR]
by zabakaraqujila | 2005-06-02 02:24 | 【日常】のらな時間割