日本のラジオ「ココノ イエノ シュジンハ ビョウキ デス」
2015年10月23日(金)~10月26日(月)
東中野 RAFT

【キャスト】
 吉岡そんれい
 木村みちる(遠吠え
 田中渚
 菊地奈緒(elePHANTMoon

文字とことばと影をめぐる、夫婦の短いお話

詳細はこちらから。


チケット予約
b0009821_23124128.jpg
b0009821_23131716.jpg
[PR]
by zabakaraqujila | 2015-09-03 23:15 | 公演情報

寒い寒いけどまだ雪は積もらない東京。
クリスマスまでのカウントダウンが聞こえる中、
クリスマスを超えてからのお芝居のご案内をさせて下さい。

「ろりえ」
2014年12月26日(金)-30(火)@風姿花伝
脚本・演出:奥山雄太
出演:
梅舟惟永 斎藤加奈子 志水衿子 徳橋みのり(以上ろりえ)
安藤 理樹(PLAT-formance)
岡野 康弘(Mrs.fictions)
尾倉 ケント
菊地 奈緒(elePHANTMoon)
木村 香代子
後藤 剛範(国分寺大人倶楽部)
小林 義典(クロムモリブデン)
高木 健(タイタニックゴジラ)
中村 梨那(DULL-COLORED POP)
松下 伸二
松原 一郎
南 美櫻(ハイブリットハイジ座)
村上 麗奈

■タイムテーブル
12月
26日(金)19:00
27日(土)14:00/19:00
28日(日)14:00/19:00
29日(月)14:00/19:00
30日(火)15:00

■チケット
前売3,300円/当日3,500円
お申込みはこちらから。


ろりえ
http://rorie.jp/rorie/

脚本がファンタジーなのかファニーなのか、
この人頭の中どうなってるのか私が見たいと思うお話で
ろりえの劇団員がみんなかわいいとかでっかい人がいたり
理知的な眼鏡、キュートな眼鏡が揃っていたり
遠近それぞれ大きく見えるとか
スキップしたくなります。
稽古場ではこんな笑顔がいっぱいです。
チラシは一番下のこんな画像。
観に来てくださいませ。

菊地 奈緒
b0009821_23285017.jpg
b0009821_2328812.jpg
[PR]
by zabakaraqujila | 2014-12-19 23:29 | 公演情報

ガラス玉遊戯「癒し刑」2013年8月21日8(水)-25日(日)@王子小劇場に出演します。
昨日稽古初日でした。早いっ!そして台本を元に稽古しました。
ほとんど初共演の方たちの中で、どう個を出していくかたくさん企みたいです。

素敵な俳優さんばかりです。稽古中じっくり見つくして貯め込みたいことばかりです。
一味も二味もある空気を持つかたばかりです。楽しみだなー。タフに攻めて行きたいです。

脚本の大橋さんの作品に出るのは今回で3回目ですが、大橋さんが書く物語は優しいだけでなく苦味も味わえる大人な世界です。昼間の時間からそのままスライドして観ることが出来る作品になると思います。
たぶんelePHANTMoonとは異なる、ゴーヤのような苦味を味わえると思います。癒しなのかどうかしら。

ガラス玉遊戯vol.7『癒し刑』
──わたしのココロ、勝手に癒さないで。

2013年8月21日(水)~25(日)
王子小劇場
作・演出 大橋秀和

<あらすじ>
脳科学と心理学の進歩により、「心の病」はこの世からなくなろうとしていた。

ある事件で心に深い傷を負った緒方は、熱心なケアによって心の平穏を取り戻した。
今ではケアする側に回って、日夜、悩み苦しむ人々の治療に取り組んでいる。

そんな緒方の元に、ひとりの患者が送り込まれてきた。
自らの犯した罪を悔やみ、重度の精神疾患を患うその患者は、
かつて緒方を絶望の淵に叩き落とした、張本人だった。

出演:
菊地奈緒(elePHANTMoon)
菊地未来
園田裕樹(はらぺこペンギン!)
立蔵葉子(青年団)
林剛央
ヒザイミズキ(時間堂)
星野恵亮
松下仁(アマヤドリ)
宮崎雄真
与古田千晃(T1project)

<日程詳細>
8/21(水) 19:30☆
8/22(木) 19:30☆
8/23(金) 19:30☆
8/24(土) 14:00◎ 19:00☆
8/25(日) 14:00  18:00
☆…終演後にアフタートーク開催(詳細は後日ホームページにて、公開します!)
◎…託児サービスあり
8/21までにマザーズ(0120-788-222)へご予約ください。
0才・1才:2,000円 、2才以上:1,000円

受付開始は開演45分前、開場は開演30分前となります。

<チケット>
前売 3,000円
当日 3,300円
高校生以下 1,000円 (要予約)
日時指定・自由席 (前売/当日共)

チケットお申し込みはこちらから!

▼ご予約の際の注意事項
・12歳以下のお客様のご入場はご遠慮頂いております。
・自由席のため、良い席をご希望のお客様はお早めにご来場ください。
・演出の都合上、開演後はご入場をしばらくお待ち頂く場合がございます。あらかじめご了承ください。

<劇場>
王子小劇場
東京都北区王子1-14-4 地下1F
TEL:03-3911-8142 (公演期間中のみ)

[地図]
PC →http://www.garadama.net/stage/iyashikei/access.html
携帯 →http://www.garadama.net/i/map.html

[劇場までの行き方]
「王子」駅より徒歩5分。
JR京浜東北線は「北口」、東京メトロ南北線は「4番出口」から。
北本通りを直進。「鑑定倶楽部」というお店の地下です。

【スタッフ】
舞台監督:本郷剛史
照明:工藤雅弘(Fantasista?ish.)
広報写真:キベジュンイチロウ
舞台写真:奥山郁
宣伝美術:サノアヤコ
広報宣伝:寺坂智子
制作:はっとりとみえ、井上恵子(T1project)
制作協力:岩田直子、こうのみか、荻沼恵(T1project)
協力:アマヤドリ elePHANTMoon 時間堂 青年団 はらぺこペンギン!
プロデュース:T1project
b0009821_1205631.jpg
[PR]
by zabakaraqujila | 2013-08-25 00:07 | 公演情報

ひっそりと客演します。まるで幽霊のように。
b0009821_1640186.jpg

この夏、僕は湖にキャンプに行くついでに
その近くにあった大きな廃墟に行った。
その場所は嘗ては、大型のホテルだった。
バブル全盛の時期には多くの人間で賑わっただろうこの場所に、
今居るのは僕だけだった。
荒れ果てた部屋の真ん中で目を瞑ると、
数十年前のこの場の記憶が聞こえてきそうだ。
僕は「神様は信じない」でも「幽霊は居ると想う」
明日、僕は此処に居ない。


■脚本:林灰二
■出演者:非公表
(本作は、出演者、出演人数等を認識のない状態でご観劇頂きたく、出演者を非公表としました。)
■日程:2011年4月6日(水)~11日(月)
4月6日(水) 19:00
4月7日(木) 19:00
4月8日(金) )☆15:00/ 19:00
4月9日(土) 15:00/ 19:00
4月10日(日) 14:00/ 18:00
4月11日(月)☆15:00
(開場は開演30分前/受付開始は開演45分前)

チケットお申込みはこちらまで!

■会場:高円寺 明石スタジオ
(東京都杉並区高円寺南4-10-6tel:03-3316-0400)
JR中央線高円寺駅より徒歩5分
*高円寺駅は月~金の間は快速停車駅、土日は快速通過駅の為、土日は総武線でお越しください。

■チケット:
前売3200円/ 当日3400円
☆8日(金)、11日(月)15時の回 平日昼間特別割引 前売2700円/ 当日2900円

Oi-SCALE(オイスケール)
2002年4月、林灰二の脚本を上演する目的で活動開始。
2004年、人気漫画家古谷実氏の問題作「ヒミズ」を舞台化。
少年期に持つ感傷的な心象と向き合い、骨太なストーリーを
センシティブに描き、間接照明、マイクパフォーマンス、立体的
サウンド音響等を用いたインスタレーション的手法で空間を
体感する作品を発表し続ける。

★+Hi-SPECS(ハイスペックス)
林灰二の企画作品を上演する。
オイスケール本公演作品とは、一線を引き、小空間での緻密
な台詞劇を基盤に、音と光、空間にこだわったアート性の強
い、また実験性にとんだ創作を現在思考中。
また他ジャンルの表現者とのコラボレーションも柔軟に取り
入れ、演劇の枠に囚われない作品を発表する。

脚本・演出:林灰二 映像:岸建太朗 楽曲提供:中島伸一(GOAT EATS POEM)
演出協力:かあきじいんず (Rel-ay) 脚本協力/宣伝写真:松永恵 デザイン、選曲:灰二AREA
舞台監督:NYチーズケーキ 照明:原宏昌(ライトスタッフ) 音響:田島誠治 SoundGimmick)
衣装協力:島田翔太  小道具:中島香奈子・當間英之 記録映像:粕谷晃司(かすや舞台記録) 
記録写真:荒木現世  WEB協力:野村岳  制作:嶋則人/Oi-SCALE
製作:Oi-clewHarts 協力:清水慎太郎、星耕介、マグズサムズ、SPACE雑遊(敬略順不同)
[PR]
by zabakaraqujila | 2011-03-01 12:28 | 公演情報

芝居夜話に書いた2004年11月に出演した芝居の詳細情報です

a 落花生 moon
「THE HOT SPOT UNIVERSE ホット・スポット・ユニヴァース」


作・演出:原作:Loland Clayman"The Lady and Pirates"(maestro出版)
制作・脚本:前橋由起子 脚本:金高浩二
演出:石塚善之・深澤哲矢 振付:ラッキィ池田

◆キャスト◆
児玉ちえ 日永貴子 向井恭介 片平あおい 迫公秀 松本晶 吉田比登志 
加屋安紀子 佐藤勇樹 菊地奈緒 田淵一馬 らら 佐野準 井原一樹
草刈貴弘 永田典子 金川博 大宮眞由美 渡部遼介 羽田勝博
大越史歩
(特別出演) 石原和海 ちょーすけ 藤島琴弥

◆スタッフ◆
照明:三枝歩 音響:高橋秀雄(SoundCube) 美術:吉田貴行 舞台監督:佐藤光明 音楽:竹前俊徳 技斗:三枝淳 ヘアメイク:Yuki チラシ写真:綿貫信孝 チラシデザイン:小林純子

◆日時◆
2004年11月
3日(水・祝) 14:00~   18:30~
4日(木) 18:30~
5日(金) 18:30~
6日(土) 13:00~ 18:00~
7日(日) 12:30~ 17:00~
★開演時間にご注意ください。
上演時間 2時間45分(15分の休憩を含む)を予定しています。

◆場所◆
シアターVアカサカ

◆チケット◆
前売:3000円 当日:3500円
★全席指定
当日券は開演1時間前より劇場受付にて発売いたします。
未就学児童の入場はご遠慮ください。
本公演は全席指定となっておりますが、開演5分前になりますと当日精算券をお持ちの場合でも、当日券のお客様を優先させて頂く事がございます。あらかじめ、ご了承下さい。

◆a 落花生MOON URL ◆
http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Stage/9915/index.htm

 近未来、戦時下のとある農場を舞台に、人はどう生き、死んでいくのかという永遠のテーマと、戦争と、民族間間の問題、宗教の争い、テロリズムといったアクチュアリティーなテーマを、ユニットの特色である群像劇スタイルで描きます。
空間を生かした美術にこだわり、生演奏、ダンスシーンなどをおり込むなど、重いテーマをとりあげつつ、ライブならではの楽しさも盛り込んだ手ごたえたっぷりな作品です。

公演毎に、銃で撃たれて死ぬという役どころが快感でした

b0009821_1121685.jpg
b0009821_1123486.jpg

[PR]
by zabakaraqujila | 2004-10-21 01:15 | 公演情報